読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットあっちこっち

おじさんが、水族館や動物園に行ったり、そのへんでお酒を飲むブログです

花と鳥の涅槃、掛川花鳥園に行ってきた

お出かけ 動物園

エントリの日付からすると旧聞に属しますが2016年の春先にインターネットの人たちとワイワイと掛川花鳥園に行ってきたのでその際の感想と写真などブログに書き綴ります。

レンタカーを借りて集合場所のターミナル駅から東名高速を一路ひた走ります。最初の休憩は足柄SA。この時の足柄SA、めっちゃエヴァンゲリオン推しでしたね……


https://www.instagram.com/p/BD9hEwFreVK/

https://www.instagram.com/p/BD9iVxEreXp/

昼過ぎくらいに掛川に到着。まずは入口付近のフクロウ舎など見ておりました

以前来た時は入り口とかもっとゆるい感じで看板フクロウをまじまじ見れたのですが、今回はだいぶシステマチックな感じになってました。駐車場には大型バスもだいぶつけていて、観光地としての深化を思い知る次第。
ずずいっと温室の中に進んでいきます。


https://www.instagram.com/p/BD9iVxEreXp/

温室の入り口先に留め置かれている不思議な表情のフクロウ。
f:id:hms_ulysses:20160409125007j:plain
f:id:hms_ulysses:20160409125042j:plain

https://www.instagram.com/p/BD9xfr9reRj/
そして我々は100円の果物カップでこんなに愛嬌を振りまいてくれるコガネメキシコインコにもう一瞬でめろめろになるわけですよもう。*1

そんな温室の横にいた、どこかシルベスタ・スタローン感のあるカンムリカラカラ。
f:id:hms_ulysses:20160409130214j:plain
そうこうしているうちに温室内でショーが始まります。KKE(掛川花鳥園)の「研究員」のおねーさん達によるバードショー。おねーさんたちのイチ押し鳥類の特徴が披露されます。
f:id:hms_ulysses:20160409130527j:plain
フクロウ推しの「研究員」によるフクロウのショー。
f:id:hms_ulysses:20160409131023j:plainf:id:hms_ulysses:20160409131142j:plain
ペンギン推しの「研究員」はパタパタと歩くペンギンのかわいいところをアピール。



カンムリカラカラも飼育係のお兄さんの足の間を歩くという信頼関係をアピール。
しかしなんといっても見どころはベニコンゴウインコのダイナミックな飛翔だったと思います。
f:id:hms_ulysses:20160409132216j:plain
f:id:hms_ulysses:20160409132325j:plain
f:id:hms_ulysses:20160409132326j:plain
f:id:hms_ulysses:20160409132327j:plain
羽根をひるがえしてブレーキ!
f:id:hms_ulysses:20160409132259j:plain
この鳥の羽根のみごとな空力的設計っぽさ。
f:id:hms_ulysses:20160409133401j:plain
本来生息域の被ってないキンケイとコガネメキシコインコが一緒にいるの、花鳥園らしい風景ではあります。

目がめっちゃ白いキンムネオナガテリムク。

アクリルの筒越しにピラルクにもエサをやれるんですが、ものすごい飲み込み方だった。

単に鳥たちの楽園というだけでなくて
f:id:hms_ulysses:20160409133751j:plain
f:id:hms_ulysses:20160409133647j:plain
水槽の上にはスイレンも咲き誇ってます。
f:id:hms_ulysses:20160409133806j:plain
メイン温室の全景はこんな感じ。そしてこの温室のスイレン水槽の上を……何かが走っていく……
f:id:hms_ulysses:20160409134017j:plain
f:id:hms_ulysses:20160409140953j:plain
アフリカレンカクですね。足がぐわっと広がってることで、水面の葉っぱに圧をかけすぎず「水上走」ができる水鳥です。
f:id:hms_ulysses:20160409134223j:plain
蓮の実か何かをつついているところ。

鳥にも休憩スペースが。
f:id:hms_ulysses:20160409135856j:plain
でも、エサ見せると寄ってきてくれたり(ヘラサギ)。

リビングストーンエボシドリ。
f:id:hms_ulysses:20160409140229j:plain
水辺の鳥の温室は色彩が乏しく、なんかこう、別の意味で異界感がありました。
そして池の真ん中には……。
https://www.instagram.com/p/BD96hOgLeej/
f:id:hms_ulysses:20160409142230j:plain
オニオオハシ、以前友人が行っていたのですが、確かに一度のどの白い毛の部分を触ってみたい。
f:id:hms_ulysses:20160409142103j:plain
シロトキに餌をねだられる私。
f:id:hms_ulysses:20160409142408j:plain
同行者の人から餌をもらって瞬膜が動いているシロトキ。
f:id:hms_ulysses:20160409141814j:plain
掃除用の水を飲み放題する自由なクロツラヘラサギ
f:id:hms_ulysses:20160409142642j:plain
人懐っこく寄ってきてくれたフラミンゴ。お前、顔をよく見るとコズミックホラー感あるね……。
外に出てエミュー牧場へ。エミュー、餌カップを持っている人を見かけるとぐいぐい寄ってくる。
ひたすら餌を求められ続ける我々。
f:id:hms_ulysses:20160409144440j:plain
f:id:hms_ulysses:20160409145209j:plain
f:id:hms_ulysses:20160409145219j:plain
エミューは首を伸ばすと人間の背丈を超えるくらいあるんですが、入場者が餌持っているのが腰くらいの位置なので下から攻め上げてくる感じになります。

ほかに外には

スパッツ履いてるみたいな足がトレードマークのヘビクイワシ

カンムリヅル、

下クチバシのヒダヒダが素敵なペリカンなどがいました。
そしてこのペリカンのいる池の先には!!!
f:id:hms_ulysses:20160409151607j:plain
板を外された桟橋が……。
我々は口々に
「あーこれまだ俺達のレベルではいけないやつだわ」
「キークエストをクリアしてアイテム手に入れると渡し板が出てくるやつ」
等と話しておりました。

ちなみにこんなものも


https://www.instagram.com/p/BD-CWVMreYz/

f:id:hms_ulysses:20160409152703j:plain
また花の下を通っておみやげを冷やかしつつ退出。いつ行っても楽しいところですね。
なんと7月からは人気の大型鳥類「ハシビロコウ」の飼育展示も始まったそうでまた行ってみたいと思います!

おまけ 「さわやか」初探訪

げんこつハンバーグで有名な「さわやか」、僕は不覚にもいままでに行ったことがなかったのでぜひこの機会に行きたいと思っていたところ、同意見多数だったので掛川インター店へ。


https://www.instagram.com/p/BD-I-u2LeR4/
夕飯には少し早い時間だったんですんなり入れるかなと思っていたんですが、いや、静岡の方々のさわやか愛を甘く見ていましたね。かなり並んで入店。
https://www.instagram.com/p/BD-OrkTLeZv/
値段の割にとても満足感の高いハンバーグでした。
お腹がいっぱいになった我々はすっかり雑談モード。
重い腰を上げて帰路につき
f:id:hms_ulysses:20160720205025j:plain
さすがに眠くなってしまって途中運転を変わってもらったりしながら東京についたのでした。
格安レンタカーでワゴン車借りて適当に出かけるやつまたやりたい!!

*1:園内各所にミニカップに入ったエサが販売されており、来場者はそれを購入して鳥たちにアピールすることで触れ合えるという仕組み