読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットあっちこっち

おじさんが、水族館や動物園に行ったり、そのへんでお酒を飲むブログです

アクアマリンふくしまの「大人の宿泊ナイトツアー」に参加してきたー番外(横に泊まっていた巡視船をまじまじと見た

お出かけ

アクアマリンふくしまに行った時、アクアマリンふくしまのある埠頭に福島海上保安部の巡視船「あぶくま」が係留されていたので写真を撮りました。
この位置が定位置なのかアクアマリンふくしまの中にも


https://www.instagram.com/p/-VCtzALeTp/
こんなパネルが展示されていました。

「あぶくま」は「とから」型巡視船の11番船で、能登半島沖不審船事件などをうけて海上保安庁が整備に着手した高速巡視船です。
とから型巡視船 - Wikipedia


f:id:hms_ulysses:20151122100925j:plain
説明するまでもないですが、船の前の白い四角い箱状のものが遠隔式20mm多連装機関銃塔、艦橋の窓の前にある小さな四角の砲塔上のものが制圧用放水銃です。機銃は武器で抵抗してくるあれやこれやへの対処、放水銃は武器を使ってこないけどいうこと聞かないあれやこれやを制圧するためのものです。船体側面の「海上保安庁」のロゴの上にある黒い板状のは通告・警告やPRを表示する電光掲示板。
f:id:hms_ulysses:20151122100723j:plain
「あぶくま」後部。水を高速で吹き出して進むウォータージェット推進の推進器とエンジンの排気筒が見えます。排気筒、船尾配置だと排気の汚れが目立ちませんね。
f:id:hms_ulysses:20151122100814j:plain
こちらは船体後部。灰色のものは複合型ゴムボートで、臨検や救難のため小回りが必要なときに使われます。左の白いクレーンで揚げ降ろしするのですが、このクレーン、航行中でもそれができるというすぐれもの。
f:id:hms_ulysses:20151122100752j:plain
斜め後ろからの写真。この埠頭と福島海上保安部はそこそこ離れているので、自転車はその連絡用かなとか。手前に店屋物の出前とった形跡があるの、小型巡視船は長い連続行動日数が想定されておらず、船内生活の設備があんまりないと聞くのでそういうことなのかな。
f:id:hms_ulysses:20151122100901j:plain
そしてこの「あぶくま」、対岸に位置する観光・物産施設「いわき・ら・ら・ミュウ」からみると、まるでアクアマリンふくしまは潜水艦で、それに横付けしているようにも、またアクアマリンふくしまが巨鯨でそれを捕らえんとする捕鯨船のようにも見えます。とても不思議な光景でした。
f:id:hms_ulysses:20151122101750j:plain